ざっくばらん

冗談からマジメなお話まで、独り言をつぶやきたいと思います。よろしく☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

No more war

おはようございます。

実は私自身、先日紹介した恩師と 様々な国々を廻ったことがございます。
自然豊かな国、悠久の歴史を今もなお感じさせる国、
産業が栄えていて裕福な国々と、それに相反して 常に貧困にあえぐ国々、
アパルトヘイトなんてとうの昔に終わったにも関わらず、いまだ人種差別があらわな国、
資本主義・民主主義になった途端、貧富の差が拡大してしまった国……。
矛盾という一言では片付けられない世の中を目の当たりにしてきております。
(その一例として、カースト制で有名だったインドでは、
マザーテレサを批判する人は居なくても、
あのガンジーを批判する声は 実は少なくありません)


幸か不幸か、今の時代は “映像” という手法で 現実の世界を目に焼きつけることができます。
平和の尊さを忘れないため、また 自分自身を戒める意味も込めて
これからも 時々リアルな動画を 時々盛り込んでいく所存でございます。

ただ、映像だけでは唯一、わかり得ないことがございます。
そこは、“imagine” し、できれば行動に移して頂けたら幸いです。


平和の尊さを知らずに亡くなっていく子供たちは 世界中に沢山おります。
平和という理想の世界に近づけるためには、教育次第でどちらにでも転がります。
しかし、その教育すら満足に受けられない子どもたちが沢山いるということも事実です。


日本円にして 年収 600円 も稼げないために
学校に入れてあげたくてもできない親御さんたちや
学校に行きたくても行けない子どもたちが
世界にはまだまだ沢山おります。


マザーテレサのような、無償の愛……。
例えそこまではできなくても
我々ができる理想の平和へ近づける手段は、案外身近にあるものでございます。
実際、マザーテレサが来日された際、以下の言葉を残してくださっております。

「日本人はインドの事よりも、日本の中で貧しい人々への配慮を優先して考えるべきです。
愛はまず、手近なところから始まります。」

まずは 周りの小さなことからコツコツと。
自分が守るべきものを守ること。
… 私自身、人様に対して偉そうなことを申すことができる立場にはございませんが、
それを守ることができてからでも 国防を考えるのは遅くはないと思います。


(国防や国益については、また日を改めて 触れられればと思います。
キーワードは 「自然の恩恵と国土・風土」 です。
「軍事力」 ではないことを 予めお断りしておきます。)


感謝と謙虚な気持ちを常に心に留めておきたいものですよね♪


ほな行って来ま~す☆


スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ムスカ大佐 | HOME | not age, not a school career, not sex distinction>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。